HOME >News
 
 

2012年 12月 7日

 
 “来年韓国家電、新しい成長の元年に”
野村総合研究所、肯定的な見込み

[ 記事全文を見る ]
 
2012年 11年12日 Korea Times
Development strategy of retail properties

Changing lifestyle beyond simple consumer trend
[ 記事全文を見る ]
 
2012年 9月24日 Korea Times
New trend of e-commerce

Key factors to enter fresh development stage
[ 記事全文を見る ]
 
2011年 6月17日
[Money Today]
野村
「米FRB、量的緩和第3弾(QE3)に踏み切らざるを得ない」
「米国不動産のバブル崩壊後の過程は日本と非常に類似している。直ちには実施しなくても、中央銀行によるまた他の量的緩和は避けられないだろう。米国も日本のように量的緩和から脱却することはできない経済である」 16日(米国現地時間)、駐米韓国商工会議所(KOCHAM)が主催した『下半期米国経済見通しのセミナー』で日本野村総合研究所ニューヨーク支社の首席副社長であるハン・サンフン氏はこのように語った。
[ 記事全文を見る ]
 
2010年 5月1日
Dong-A Business Review 56号
Special Report
“グリーンエネルギーがより安価な時代が来る新・再生可能
エネルギービジネスモデル“
問題意識 : 太陽光発電事業は新再生可能エネルギー事業の中で、もっとも急成長している分野である。黎明期を経て、成長期に入る太陽光発電産 業に、すでに参入している企業やこれからの参入を考えている企業が選択できるビジネスモデルとは何か。
ソリューション : 太陽光発電のバリューチェーンは、ポリシリコン(多結晶シリコン原料)→インゴット・ウェハー→セル(太陽電池)→モジュール→システムの5段階からなっている。きぎょうは特定バリューチェーンに注力する専門企業型モデルや多様なバリューチェーンを同時に展開する垂直統合型モデルが選択できる。
[ 記事全文を見る ]
 
2010年3月 1日
Dong-A Business Review 52号
Issue Highlight
急変する日本の流通業界
“危機の日本デパート、このまま没落するのか”
2010年1月、日本での消費の中心である銀座に位置する西部デパートが衝撃的な閉店を宣言した。それだけではない。2008年の秋以降、12個のデパートの店舗が閉店し、これからも多くの店舗の閉店が予定されている。それらの閉店の原因を人口減少と新しい流通チャンネルの登場など、市場環境の変化から探してみることもできるが、最も根本的な原因は日本デパートが顧客ニーズの変化に対応するための革新に失敗したことにある。表面的にはファッション専門デパートなどの新しい方式を導入したが、 委託仕入制などの古い運営方式を維持し、顧客の感性を動かすことに失敗したためである。
[ 記事全文を見る ]
 
2009年 9月1日
Dong-A Business Review 40号
Trend & Insight Eye on Japan
“日本消費の核、‘アラフォー女性’を注目しろ"
女性の消費がライフステージで変化し、特に子供を持つ前後で大きく変化するというのはもはや常識である。結婚前や子供を持つ前の20代、30代の女性は、旅行、趣味、人との交際に積極的にお金を使うが、子供を持つ30代、40代になると、預金や子供の教育費にお金をかけるようになり、母親となった女性の自分自身のための消費はかなり減少する傾向にある。そして、50代以上になって子育てがひと段落すると、旅行や趣味などの消費が再び活発化するのである。
[ 記事全文を見る ]
 
2009年 8月1日
Dong-A Business Review 38号
Trend & Insight Eye on Japan
“革新の実験者、オタクを理解せよ "
‘オタク’という言葉に人々はどんなイメージを思い起こすだろう。オタクは1980年代、日本で‘SFやアニメに熱狂するファン’を指す用語として生まれた。今はマンガやアニメ以外の分野にも適用され、‘自分の趣味に強いこだわりを持つ人’という幅広い意味で使われている。
[ 記事全文を見る ]
 
2009年 7月1日
Dong-A Business Review 36号
Trend & Insight Eye on Japan
“‘くずれ明太子’が飛ぶように売れた理由は?"
日本の有名なポータルサイトの楽天(www.rakuten.co.jp)のネットショッピング(楽天市場)には少し変わった広告が見られる。その広告は不良品のセンベイを‘割れセンベイ’といいながら、堂々と宣伝する。驚くごとにその製造者は76年の歴史を持つ名の知られた会社である。
[ 記事全文を見る ]
 
2008年 12月 30日
[韓国日報]
野村研究所ソウル支店
   ディレクター・崔 道 室長
“日本企業が感じている景気低迷に対する
   危機感は小行星の地球衝突に比喩されるほど”
日本は1920年代の末に始まった‘世界恐慌'と、1987年にあった’ブラックマンデー'、そして‘失われた10年'で代表される長期の景気沈滞などを東京大震災に比喩します。
[ 記事全文を見る ]
 
1│ │2│ │3│ │4│ │5
免責条項 | サイト利用規定 | 個人情報の取り扱いについて
Copyright(c) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved.